不倫を罪悪感から打ち明けるのは正しい方法か?

不倫をしていると相手の配偶者への罪悪感から打ち明けたくなる衝動に駆られることがある人もいるのではないでしょうか。

特に不倫相手が知り合いの配偶者だったりすると、その人への罪悪感から不倫を打ち明けて謝罪したいという気持ちになる人も少なくないと思います。

とは言ってもそういったことで不倫を相手の配偶者に打ち明けてその後はどうするのかという問題もあります。

相手に別れててほしいというのか、それともこれからも仲良くして欲しいというのかということです。

基本的に不倫を相手の配偶者に告白したとしても何のメリットもないし、罪悪感がなくなるということもないと思います。

むしろそこから修羅場になる可能性がありますね。相手の配偶者からしたら不倫を告白されたら宣戦布告だと思われる可能性すらありますね。

こそこそ不倫するだけに留まらずに、不倫を告白してくるなんて自分をナメているとしか思えない!と感じる人もいるのではないでしょうか。

基本的に不倫は罪悪感で告白するものではないです。罪悪感を感じるならさっさと別れた方がいいと思います。

普通の人なら不倫を告白されて相手を許すということはないです。不倫を告白したらその人との関係は終了ですし、場合によっては不倫相手との関係も終わりです。自己破産の無料相談が可能な弁護士事務所

SNSでもご購読できます。